はじめに

Ruby2.1にて、RGenGCが採用されました。 それ以前のバージョンでもRubyのGCはいろいろな改善が行われており、RHGで解説されている(当時1.7.3)単純なマーク&スイープGCではなくなっています。そこでGCが大きく変わった1.9.3、2.0、2.1と順番に見ていくことでGCの進化を確認したいと思います。

Ruby2.2でRincGCが追加されたので2.2についても読解記事を追加しました。

Ruby1.9.3(lazy sweep)

Ruby2.0(ビットマップマーキング)

Ruby2.1(RGenGC)

Ruby2.2(RincGC)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-04 (日) 15:35:43 (811d)